口座にある大金を指差す詐欺アカウント

「iDeCoや企業型確定拠出年金とは違い、NISA口座の解約はいつでも可能です」というのは、NISA(少額投資非課税制度)口座のメリットの一つです。他の制度では解約に制限がある場合もありますが、NISAでは適切なタイミングで解約することができますので、投資家にとっては自由度の高い口座と言えます。






<関連する記事>



新NISA「これを選べば間違いない」…投資マニアの公認会計士が「一択」と推奨する商品とは?
…生徒:いつでも解約が可能というのは、どういうことでしょうか? 先生:iDeCoや企業型確定拠出年金とは違い、NISA口座の解約はいつでも可能です。急…
(出典:THE GOLD ONLINE(ゴールドオンライン))

独身40歳、「家賃6万円」の賃貸暮らしですが老後が不安です。老後資金「1000万円」では足りないでしょうか?
…たいところです。ここからは、老後資金の準備方法を解説します。 ◆iDeCo iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、公的年金(国民年金・厚生年金)の上乗…
(出典:ファイナンシャルフィールド)

<ツイッターの反応>


さか | 0→1を達成させる教師
@saka_asset_form

何度も言いますが、『新NISA=S&P500』一択だと思っている人はかなり危険です。投資はリスクがあり、必ず増えるとは限りません。資産形成は、分散すること大切です。まずは、ふるさと納税、iDeCoを始める。もっとおススメなのは、最初に20万だけ使って資産が4000万に増える裏ワザがある。始めるには…

(出典 @saka_asset_form)

ぢゅんぢゅん先生@FIRO目指して奮闘中
@LWAv2ibhHD74276

返信先:@d_in_my_name ご存じかも知れませんが、所得税と住民税はiDeCoで減らせますよー💰

(出典 @LWAv2ibhHD74276)

しんくぽじてぶ🐟🐼💓🎶🦐💧
@thinkpositive15

昨年まで給与天引きで一般財形に入っていたが、会社のメインバンクの定期にしていて利息が少ない期間が続いたため解約。その財形解約分と今後の財形天引き予定分を元手に今年からNISAとiDeCo(口座開設手続き中)での投資に切り替え。日常生活(ヲタ活含む)から資金を出せるようにするのが当面の目標

(出典 @thinkpositive15)

【投資3年目】にゃんパパ 2032年末までの10年間で資産1億を目指す。
@nyanpapa2222

今月のiDeCo。 こちらも満額を継続。 楽天全米株式インデックスファンド 2万円 新NISAと合わせて月12万だから日本株用の入金が少なくなってしまいますが、今年も満額積立を目指してます。 #iDeCo #新NISA #資産運用 pic.twitter.com/oy66EF7FqU

(出典 @nyanpapa2222)